2021年度委員長基本方針並びに事業計画

 

≪地域開発委員会≫ 委員長 川島 弘達

 

 

(基本方針)

 

私たちの住み暮らす館林市、板倉町、明和町地域において、少子高齢化や人口減少、人口流出が進行しており、地域経済に及ぼす影響が懸念されています。当委員会では、地域の人口流出に対して、向き合いたいと思います。様々ある地域の魅力を、行政団体等と協働し、地域住民に発信や体感していただくことで、よりこの地域に対しての愛着をもっていただき、この地域に住まう人が、今後もこの地域で住み続けたいと思っていただけるのではと考えます。

 

5月の担当例会では、この地域に住む人へ自分達がこの地域に対して何ができるのかを感じていただける事業にしたいと思います。小さなことでも自分達が地域のために出来る事が知れれば、当事者意識が生まれ、よりこの地域に愛着をもっていただけるのではと考えます。

10月の担当例会では、館林青年会議所として本年度 9 回目を迎えるハロウィン事業を行いたいと思います。こちらの事業は地域の方々に地域の魅力のイベントであると認知されてきています。継続事業であるハロウィンを開催しますが、地域住民と協働し、この地域の魅力として、体感していただきたいと考えます。協働しともに参加する事で、この地域の魅力を知っていただき、この地域を好き になっていただけるような事業になればと考えます。

 

2020 年の新型コロナウイルス (COVID 19) の流行により、今までとは違った新しい生活様式で生活していくことが余儀なくされました。これらの事業を展開していく中でも群馬県や地域のガイドラインに則り事業を展開していきます。

 

会員拡大については、自分たちが行う事業の意義や魅力を伝えていきながら、共感していただくことで、共に活動する仲間が増えると考えます。

 

最後にこれらの事業を実施するまでの課程、事業を成功裏に終える事で委員会メンバーには青年会議所の楽しさ を知っていただけるよう、一丸となって精一杯活動していきます。メンバーの皆様のご指導、ご協力を申し上げ委員長方針とさせていただきます。

 

 

 

 

(事業計画)

 

1)会員の拡大

 

2)参加意識の向上

 

3)地域事業の実施

 

4)地域魅力発信の実施

 

5)その他