2021年度委員長基本方針並びに事業計画

 

≪青少年育成委員会≫ 委員長 青木 雄哉

 

 

 

(基本方針)

 

 新型コロナウィルスの流行は子供たちにも大きな影響を与えるものでした。突然学校が休校になり友達や先生にも会えず、以前の生活からは想像もできないような自粛生活を経験させられました。さらに様々な学校行事やイベントが中止になり、子供たちの笑顔が減ってしまったのではないでしょうか。また近年インターネットやゲーム機の普及率が上がり、子供たちが人とふれあいながら生活する機会が減少傾向にあると考えます。そんな現代の子供たちの為に私たちができることを考え、子供たちに様々な経験をさせてあげることがこの町の未来にも繋がっていく のではないでしょうか。

 

 青少年育成委員会としましては子供たちにとって沢山の人達と触れ合って楽しいだけではなく、記憶に残る事業を実施致したいと考えております。私自身も子供の頃に館林青年会議所の事業に参加し、 30 年以上経った今でも記憶に残っている事業があります。そんな経験があったからこそ私は館林青年会議所で活動し、地域の子供たちの為に自分も何かを残してあげたいという気持ちになりました。子供たちにインパクトを与える為には「楽しい」だけではなく「嬉しい」という感情が重要だと考えます。嬉しいと感じる喜びの感情は子供 たちが成長していく上で欠かせないものです。たくさんの喜びを得た子供は喜びを与えられる大人へと成長するでしょう。また、家庭や学校では体験することのできないことをこの地域で経験させてあげることで地域に愛着を持ってくれるのではないかと考えます。そういったことを委員会メンバーで追求しながら担当する例会の事業構築をしていきます。

 

 そして青少年の育成において子供たちの指標となるべき私たち大人の行動も重要な役割となります。私たちが日頃から子供たちの模範となるような行動をとることで、感受性の豊かな子供たちは新たな気付きを 得て成長していくでしょう。世代の垣根を越えて人々がふれあい、学び合い互いに尊重し合える社会を形成することが「明るい豊かな社会」の実現に繋がると考えます。

 

 また青少年育成委員会全メンバーが拡大研修特別委員会の委員であるということに自覚をもち、自分の身近な入会対象者をもう一度精査し、館林青年会議所の魅力を伝えていきます。

 

 最後になりますが、次代を担う無限の可能性を持った子供たちが一歩でも前へ成長することを目的とし委員会メンバー一丸となって活動していきますので、皆様のご指導、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

(事業計画)

 

1)会員の拡大

 

2)参加意識の向上

 

3)青少年育成事業の実施

 

4)七夕まつりへの参加

 

5)その他