2021年度 理事長基本方針

 

第59代理事長 中村 慎一

 

 

 

 

 

【はじめに】

2020年の新型コロナウイルス( COVID 19 )の世界的流行は我々の生活を一変させるほど大きな影響を与えました。先行きの見えない混沌とした空気に包まれ、感染予防のための自粛と経済活動の再開という狭間で悩ましい時間を おく られてきたことでしょう。今までの日常とは異なる新しい生活様式への変化を求められている時代の岐路にあると考えます。それは、我々の活動にも影響しています。岐路にある時に大切なことは原点回帰です。日本の青年会議所活動の創始である東京青年商工会議所設立趣意書の一文、「新日本の再建は我々青年の仕事である。」という精神を今一度共有することで、どんな 状況下でも歩みを進めてゆく先に「明るい豊かな社会」の実現があります。 ポジティブ思考で、できない理由をあげるのではなく、どうしたらできるかを 共に考え、 一緒に 成長していきましょう。

 

 

【会員の拡大と資質向上】

 青年会議所の特徴の 1 つとして、 40 歳までという年齢制限があることで、単年度で 40 歳を迎えたメンバーが卒業し新しい組織となります。これは常に新しい組織として様々な地域の抱える課題解決のための運動に取り組めることやメンバー一人ひとりが更に上の役職に挑戦する機会を短期間で与えられることで、個々人の成長に繋げられるという良い面があります。一方で、新入会員が入らなければ卒業により会員数の減少が発生します。我々は素晴らしい活動を行っていると自負していますし、メンバー一人ひとりも多様性溢れる魅力的な会です。館林青年会議所の価値を正しく幅広い入会対象者に知っていただければ、多くの同志を増やすことができ るのではないでしょうか。

 また、メンバー一人ひとりが 青年会議所 活動を楽しく、有意義なものだという共通認識を持つことで、そ の 素晴らしさを発信することができるようになれば、 館林青年会議所メンバー全員で会員拡大活動を行うことができるでしょう 。

 

 

【総務・広報】

 青年会議所は様々な物事を会議で決定する会議体です。総会や理事会などの会議運営が円滑に行われることは、参加したメンバーの意欲に関わることだと思います。それは他の委員会事業にも言えることです。総務広報委員会には 会議運営を通して、 館林青年会議所の模範となる活動 をお願い致します。

 また、館林青年会議所の様々な事業活動を周知させるための広報活動は、地域住民へ与える影響をより強いものにします。新聞やテレビ、 HP や SNS など様々な情報媒体がありますが、それらを駆使することで我々の活動を 広く知っていただくことができ、影響を受けた地域住民の中には 支持してくださる方や、共に活動をしたいと思っていただける方 も現れるでしょう 。そのことは 事業を実施した委員会 メンバー は然る事乍ら、館林青年会議所メンバー全員 の意識を高めることにも繋がると思いますので、 事業 担当委員会と協力し合い、 様々 な 広報活動もお願い致します。

 

 

【地域の開発】

 人口減少・少子高齢化は年々進行しています。各自治体でも様々な調査や解決手法の見出しに取り組んでおりますが、我々も青年会議所としてこの課題に立ち向かわなければなりません。館林青年会議所の目的は、事業を通じてメンバーや地域住民の資質を向上させることで産業・経済・社会・文化の健全な発展を図り、明るい豊かな社会の実現を目指しています。産業・経済・社会・文化の健全な発展のためには、 先ずはその地域の住民に 地域の魅力を広く発信することにあると考えます。地域住民が郷土を愛し 、 まちに誇りをもって生活をされている地域は、自ずと人が集まり、活気がまた人を呼びます。その循環のきっかけをつくることが我々の果たすべき目標だと思います。 地域 住民の意識に良い影響をあたえ、地域 を活性化していきましょう。

 

 

 

【子供たちの未来へ】

 子供たちは家庭生活において、ご家族によって社会のルールや 各家庭のルールを守ること の大切さを教わり、 健全な大人になるように育てられていると思います。また、学校では学業のみならず、家庭という社会の最小単位より広い環境でおくる生活の中で、人間関係の大切さなどを考え、成長して いるのではないでしょうか。しかし、家庭や学校だけでは子供たちの成長を支える に は不十分だと考えます。子供たち の持つ可能性は 無限 大ですが、その可能性を伸ばすためには、我々、地域の大人が手助けをしなければなりません。

 少年少女時代の体験は大人になっても良い思い出として残ります。楽しい経験を持って成長した子供たちは、この地域に愛着を持ち、この街に住み続けたい、また戻ってきたいという気持ちを持つことで地域に寄与するでしょう。

 

 

【他団体・他社との交流】

 館林青年会議所では他の青年会議所や地域の他団体との交流する機会があります。互いの価値観の違いに触れ、地域の課題への取り組みでも違った切り口からアプローチしていることを知ることで、メンバーの視野が広がり、互いに意識し合うようになるでしょう。切磋琢磨し自己成長することで、より良い事業を行うことができ、地域住民へ良い影響をもたらすことに繋がります。交流の絆は今後も継続していきましょう。

 また、青年会議所内でもお互いのことをあまり知らないようなメンバーもおります。共に地域のために活動している仲間のことをよく知ること は、その先の活動に繋がると思いますし、 延いては メンバーの人生に良い影響をもたらすでしょう。

 

 

 

【結びに】

 青年会議所へ入会以降、これまで支えていただいた先輩諸兄姉や、活動を共にする仲間のおかげで沢山の素晴らしい経験をさせていただきました。持続的に青年会議所活動を行ってきた先輩諸兄姉に感謝をし、その意思を受け継ぎ、「明るい豊かな社会」の実現のために一年間活動をしてまいります。また、私は 2021 年度が最終年度でありますが、いつでもその時の最大限の挑戦を支えていただいたご恩を、次の世代へ返すべく、邁進してまいりま す。至らぬ点も多々あるとは存じますが、ご理解いただき、ご指導ご鞭撻のほどお願い申し上げます。